オンラインコーチングで 大学受験を乗り切る!日々の勉強管理をしてくれる塾の選び方について – 受験情報ブログ|高田馬場のコーチング型大学受験学習塾STRUX

高田馬場の大学受験学習塾STRUX お問い合わせ(10:00-21:00/月曜除く)

03-6273-8260

STRUXロゴ
STRUXロゴ
新型コロナウイルス感染症
への学習塾STRUXの対応
お知らせ

オンラインコーチングで 大学受験を乗り切る!日々の勉強管理をしてくれる塾の選び方について

巷にあふれる様々な塾。

塾は授業を受けることができるところ。そのように思っていませんか?

実は、塾には科目を教えるだけでなく、計画管理のコーチングをしてくれるところもあります。

そこで今回は、オンラインコーチング塾が重要な理由や合っている人、そしてオンラインコーチング塾の選び方まで解説します。

これを読めば、オンラインコーチングを行なっている塾の全てが分かります!

なぜ勉強に関するコーチングが重要なのか?

コーチングと聞いて何を思い浮かべましたか?

スポーツなどでの「コーチ」などを思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。

部活やクラブをやっている方ならイメージがつくかもしれませんが、どんなスポーツでも全てを独学で練習するのはほぼ不可能です。

その道のプロであるコーチから基礎となるフォームを教わったり、技術を学んだり、マインドセットを学んだりと、様々な面で指導を受けながら上達していくのが一般的ですよね。

このようにコーチングとは、学習や成長、変化を促し、相手の潜在能力を解放させ、最大限に力を発揮させるために支えることを言います。

では、一般的にスポーツで必要とされるコーチングがなぜ勉強にも大切なのでしょうか。

その理由には以下の3つがあります。

①限られた時間を有効活用する必要があるため

②勉強するモチベーションを自分だけで培うのは難しいから

③一番成績が上がるのは自学自習の時間であるため

それぞれについて詳しく解説していきます。

限られた時間を有効活用する必要があるため

みなさんもご存じだと思いますが、大学受験の本番まで無限に時間があるわけではありません。

1日24時間。これは全ての人にとって同じです。この時間のうちに、睡眠や食事など他のことをする必要もあります。

そのため、勉強することができる時間は限られているのです。

大学受験合格のためには、この限られた時間をどのように有効活用できるかが重要になります。

具体的に、大学受験に合格するためには2500~3500時間の勉強が必要だといわれています。

国公立大学や医学部のようにハイレベルな大学を目指す場合には、さらに勉強量を増やさなくてはなりません。

こうしたことを踏まえて1日の勉強時間を考えると、1年間受験勉強に取り組むとして毎日7~9時間必要になります。

しかし平日は高校に通うことを踏まえると、毎日この勉強時間を確保することは現実的に難しい人も多いでしょう。

そのため、非常に大切になるのが「勉強のペース管理」です。

限られた時間内で志望校合格ラインに達する必要があるので、勉強のペース管理ができていない場合、不合格の可能性が高まってします。

勉強はしていたのにも関わらず、受験当日までに勉強のペースが間に合わずに、泣く泣く不合格になってしまう受験生も数多くいます。

このように限られた時間を有効活用することは、合格のためにとても大切なことなのです。

勉強するモチベーションを自分だけで培うのは難しいから

勉強するモチベーションが下がってしまうことは、受験生によくあることです。

自分1人で勉強をしていると、毎日同じことの繰り返しに思えて、勉強に飽きてしまうこともあると思います。

もちろん、たまには息抜きも必要です。

しかし先述した通り、受験日までの時間は有限です。

そのため、勉強するモチベーションは出来る限り維持しておきたいですよね。その役割を果たしてくれるのが、コーチングです。

コーチングであれば常に「コーチ」という存在が側にいるので、時にはあなたに発破をかけてくれたり励ましたりしてくれます。

このように1人ではなかなか維持できないモチベーションも、誰かと一緒なら維持できるのではないでしょうか?

一番成績が上がるのは自学自習の時間であるため

塾に通っていたとしても、成績をあげるために「自学自習」は必須です。

なぜなら、受験勉強の9割が「自学自習」の時間であり、実際に成績が上がるのは「授業を受ける」時間ではなく「実際に問題を解いて身に付ける」時間だからです。

実際に問題を解いてみないと、「何を理解していて、どこが分からないのか」を知ることができません。

そのため、高校や塾の授業などで知識をインプットし続けているだけではなかなか成績はあがらないのです。

これに加えて、学んだ内容を問題集でアウトプットしたり、自分で参考書を進めたりなど自学自習をする必要があります。

しかし、塾や予備校では普段の自学自習まではサポートしてもらうことはなかなか難しいです。

塾や予備校の役割は、あくまでも「良い授業を提供する」ということに留まることが多いです。そのため、参考書や問題集を自分自身で進め必要があるのです。

塾や予備校に通っていたとしてもそれだけで安心せずに、自学自習を含めた「勉強のペース管理」を重視してください。

では、どうすれば「勉強のペース」を自己管理できるのでしょうか。

残念ながら、1人で完璧に管理できる人はいません。なぜならほとんどの受験生にとって、受験は初めてのことだからです。

経験がある方であれば、「この参考書はいつまでに終わらそう」「この科目は優先的に取り組もう」「ちょっとペースが遅れているから取り戻そう」という判断ができるでしょう。

しかし、今まで受験という長いスパンでの計画を立てた経験が無い方が全てを考えるのは難しいのが現状です。

そのため、膨大な勉強量をこなしつつ受験当日に間に合うように「勉強のペース管理」をするためには、受験に精通しているプロに任せることが1番なのです。

では、次にどのような人にコーチングがおすすめなのか説明します。

オンラインコーチングはどのような受験生にオススメ?

今まで勉強に関するコーチングが必要というお話をしてきましたが、もちろん全員にコーチングが必要なわけではありません。

コーチングが必要な人とそうでない人、合う人と合わない人、それぞれいると思います。

今回はどのような人にオススメなのか解説していきます。

勉強のコーチングがオススメなのは以下のような人です。

①勉強習慣がまだついていない人

②授業型の塾で成績が上がらなかった人

③程よい監視の目が欲しい人

これらについて具体的にご説明します。

勉強習慣がまだ身についていない人

勉強習慣がまだ身についていない人は、そもそも「自然と勉強に取り組めるような状態になる」というところから始めなければなりません。

そのような人が、受験までに必要な量を把握して勉強計画まで立て、きちんとこなしていくのはなかなか難しいことです。

例えば、受験生になるまでに1日30分も勉強していなかった方が「よし!明日から3年生になるから1日10時間勉強しよう!」となるのはかなりハードルが高いですよね。

そのためコーチングを利用し、一緒に受験勉強を進めていくことをおすすめします。

勉強習慣を一緒に身に付けていくことから可能です。

授業型の塾で成績が上がらなかった人

授業型の塾で成績が上がらなかった人もいるのではないでしょうか。

先述した通り、塾に通えば自然と成績があがるわけではありません。なぜなら、授業型では「授業を受けて満足」という気持ちになることがありえるからです。

確かに授業を受ければ「科目に関する知識」は身につきます。

しかし、そこで得た知識を「自分の志望校に合わせて自学自習に活かせるか」ということは本人次第。授業を受けるだけで満足してしまうと効果は上がりにくいでしょう。

また、授業型の塾では、毎日の勉強における理解度の変化などもなかなか分析することができません。

「休憩時間に講師に聞けば良いのでは?」と思う方もいるでしょう。確かに普段自学自習をしている人なら、日々の変化を把握してそれを基に講師に相談できるかもしれません。

しかし、たいていの授業型は大人数を相手にしているので、物理的に生徒一人一人にかけられる時間は限られてしまいます。

そうなると自分一人で変化を分析する必要がありますが、初めての受験勉強でそこまで取り組むというのはなかなか難しいでしょう。

一方コーチングでは、日々の勉強進捗をコーチの直接相談することが可能です。

特にマンツーマンであることも多いので、日々の成長を間近で見てもらった上でその都度成績をあげるために必要なことを適切に指導してもらえます。

程よい監視の目が欲しい人

程よい監視の目が欲しい人にもおすすめです。

1人で自学自習を行っていると、部屋にあるものが気になったり、他のことを考えて勉強が進まなかったりということがあると思います。

そういう人には、程よい監視下のもと勉強をすることがおすすめです。誰かに見られていると思うと、集中して取り組むはずです。

しかしもちろん、何から何まで監視されるわけではありません。

適度な監視の目を受けながら勉強をしている方が捗るという人には、とてもおすすめです。

次に、オンラインコーチング塾の選び方のポイントについて説明します。

オンラインコーチング塾の選び方のポイント!

このように、授業型だけでなくオンラインコーチングの塾も増えています。

しかし、いざ色んな塾を調べて見ると「どの塾がいいのか分からない!」と思っている人もいるでしょう。

そこで今回は、オンラインコーチング塾の選び方の基準について説明します。

以下の3つの点を確認するといいでしょう。

①どれほど具体的に計画を立ててくれるのか

②サポートはどのくらい充実しているのか

③計画の修正をきちんとおこなってくれるか

1つずつ見ていきます。

どれほど具体的に計画を立ててくれるのか?

まず、どれほど具体的に勉強計画を立ててくれるのかです。

具体的には、

・やるべき参考書は何か?

・どのくらいのページ数をどのくらいのペースで進めるか?

・どの時期に何をやるか?

・どのようなやり方でやるか?

ということを具体的に決めてくれる塾がおすすめです。

具体的でなければ、結局自分自身で決める必要が出てきます。

しかし、参考書を決めてくれる塾であれば、参考書選びに無駄な時間を費やすことがなく浮いた時間を勉強に充てることもできますよね。

このように、出来る限り自分で考える時間を取らなくていいように、詳細に勉強計画を決めてくれる塾を選びましょう。

サポートはどのくらい充実しているのか?

サポートがどのくらい充実しているのかも重要です。

具体的には、

・分からないときにすぐ聞けるかどうか?

・定期的な面談等で受験生の状況を把握してくれる仕組みはあるか?

など、どの程度サポートをしてくれるのか確認しましょう。

例えば、分からないことがあったとしても1週間後にしか回答がこない塾だと、分からないまま時間だけが過ぎることになってしまいます。

また、質問回数に制限がある塾を選んでしまうと自分が理解できるまでとことん質問できませんよね。

そのため、なるべく即時対応してくれるような塾を選びましょう。

また、サポート面で疑問がある場合には「このようなサポートはあるのか」と聞いてみることも大切です。

計画の修正をきちんと行なってくれるか?

最後に、計画の修正をきちんと行ってくれるかどうかも確認しましょう。

勉強計画をはじめに立てたとしても、必ず計画通りにいくとは限りません。人間である以上、必ず予想外のことが起きます。

例えば、勉強に取り組んでみたら「意外と解けない」「思ったより得意かも?」ということもあるでしょう。

また、学校のテスト勉強や部活なども影響して計画が前後することがあるかもしれません。

その際に、最初に作った計画に固執するのではなく必要に応じて具体的なアドバイスや改善を行ってくれる塾であるかどうかは、受験合格のために必須です。

そのため日頃の勉強の進捗度に合わせて、適宜計画の修正をきちんとおこなってくれる塾を選びましょう。

まとめ

この記事では、勉強面でのコーチングの必要性、コーチングが合っている人、そしてコーチング塾を選ぶ際の基準点について解説してきました。

最後に、コーチング塾を選ぶ際のチェックポイントをもう一度確認します。

①どれほど具体的に計画を立ててくれるのか

②サポートはどのくらい充実しているのか

③計画の修正をきちんとおこなってくれるか

塾を比較する際にはこれらのチェック項目を参考にし、自分に合った塾を選ぶようにしましょう。

毎日の勉強を「分析」「改善」「指導」する
学習塾STRUX

どんな勉強をすれば良いのかわからない……

志望校に合格したいけど、間に合うのか不安……

勉強してるのになかなか成績が上がらない……

そんな悩みを抱えていませんか?

学習塾STRUXは、学習トレーナーによる毎日の勉強計画作成と個別指導で、志望校合格までにやるべき勉強がわかる塾です。

詳しく見る