【大学入試】共通テスト利用入試とは?実施している大学と対策は? – 受験情報ブログ|高田馬場のコーチング型大学受験学習塾STRUX

高田馬場の大学受験学習塾STRUX お問い合わせ(10:00-21:00/月曜除く)

03-6273-8260

STRUXロゴ
STRUXロゴ
新型コロナウイルス感染症
への学習塾STRUXの対応
お知らせ

【大学入試】共通テスト利用入試とは?実施している大学と対策は?

第一志望校合格という大きな目標を掲げている受験生が必ず通る道といってよいものは共通テストですね。

「私は私立大学が第一志望校だから共通テストはあんまり関係ない…だって二次試験の一発勝負でしょ…」なんて思っている受験生もいると思います。

しかし、それは大きな間違い。私立大学を志望している受験生こそ、共通テストで高得点を取ることが望ましいのです

実は私立大学入試においても「共通テスト利用入試」という受験生にとって非常にお得な入試制度が存在します。

しかしこの名前を聞いてあまり馴染みのない受験生もいるでしょう。

そこで今回は、共通テスト利用入試の特徴と実施している大学、その対策を詳しくお伝えしていきます。

この記事を最後まで読んで、お得な共通テスト利用入試をフル活用して第一志望校合格を目指しましょう!

共通テスト利用入試とは?

共通テスト利用入試とは、大学入学共通テストの成績のみで合否が決まる受験方法です。主に私立大学がこの制度を導入しています。

個別試験(二次試験)より受験料が安く、出願のハードルが低いという特徴があります。

大学受験では出願するだけで何万円もかかってしまうので、できるだけ費用は抑えたいですよね。

また、どうしても行きたいと思う大学があるならば、共通テスト利用入試と一般入試のどちらにも出願できます。つまり合格のチャンスが倍になるのです

これを聞くと「え…値段もお得だし共通テストだけの成績で何個も出願できるなら出願しようかな…」と思う方が多いと思います。

しかし、大学によっては

  • 共通テストの成績のみで合否が決まる単独型
  • 共通テストと個別試験(二次試験)の結果両方で判断する併用型

という2種類があります。

それぞれ異なる特徴があるためきちんと確認した上でどちらを利用するのかを決めましょう。

共通テスト利用入試:共通テストの点数のみで合否が決まる「単独型」

まずは共通テストの点数のみで合否が決まる単独型についてです。

この方式では、大学入学共通テストの前に行きたい大学に出願します。

出願数の制限はなく、1回に何校も出願できます。同じ大学内でも、学部・学科問わず回数制限なく出願可能です。

もし共通テストで高得点を取る事ができたら、個別試験を受けずに合格が決定します。

しかし点数が良くないと、複数校出願しても1つも合格できないという可能性があり、かつ個別試験を用いた選抜よりもボーダーが高いことが多いため、ハイリスクハイリターンな受験方法です。

そのため、自分の成績を十分に考慮したうえで出願数を決めることが重要です。

共通テスト利用入試:共通テストと個別試験の合計点で合否が決まる「併用型」

続いて、共通テストと個別試験の合計点で合否が決まる併用型です。

また、共通テストの結果と個別試験の結果を比較して高得点の方を採用するパターンもあります。

どちらにせよ、共通テストの結果だけでは合否は決まりません。

ですので「共通テストで全然良い点数が取れなかった…」という場合でも巻き返しのチャンスがあります。

こちらも大学入学共通テストの前に行きたい大学に出願します。同じく出願数の制限はなく、一度に何校でも出願できます。

同じ大学内でも、学部・学科問わず回数制限なく出願可能です。

ただし、学部・学科によって個別試験(二次試験)の実施科目や、評価対象となる共通テストの試験科目が異なります

例えば、上智大学総合人間科学部心理学科での個別試験は面接です。一方、早稲田大学文学部での個別試験は英語と国語の独自試験があります。

このように、試験内容は様々なものがあるため「個別試験の種類は何なのか」や「自分の得意分野を活かせるのか」を十分に考えて出願しましょう。

共通テスト利用入試の注意点

ここまで読んで「共通テスト利用入試に出願すると受験に有利だ!出願してみよう!」と考える方も多いと思います。

確かに大学受験で共通テスト利用入試を活用すればチャンスは増えます。

ただしいくつかの注意点はあるため、それらを把握した上でどこの大学にどのくらい出願するのかを検討してみてください。

共通テスト利用入試は合格しづらい

共通テスト利用入試は合格するためのハードルが高いです。

この理由には共通テスト利用入試の特徴が大きく関わっています。

共通テスト利用入試の特徴1・募集人数が少ない

共通テスト利用入試には、募集人数が非常に少ないという特徴があります。

例えば、2021年度の早稲田大学政治経済学部政治学科の一般入試の募集人数が100名であるのに対し、共通テスト利用入試の募集人数は15名です。

ただでさえ出願料が安く気軽に出願できることから出願者が多いのに、募集人数も少ないとなるとかなりの高倍率になることがお分かりいただけると思います。

共通テスト利用入試の特徴2・最低点が高い

さらに、共通テスト利用入試の特徴として「最低点が非常に高い」ということが挙げられます。

例えば、MARCHレベルで3科目で9割が必要であり、早稲田レベルになると5教科全てでこの得点が必要です。

最低点も年度によって上下することはありますが、どちらにしても高水準であることは例年変わりません。

共通テスト利用入試のためだけに勉強することは避ける

「共通テスト利用入試は合格しづらい!」という事を聞いて「じゃあ共通テストの勉強を頑張らないと!」と思う方が多いと思います。

しかし、共通テスト利用入試のためだけに共通テストの勉強をしてはいけません

合格しにくく、不合格のリスクが高いところに時間をかけすぎてしまうのは正しい勉強とは言えません。

あくまで共通テスト利用入試は「併願校を確保できればラッキー」くらいのつもりで受験しましょう。

例えば、早慶上智を志望している受験生は「MARCHの合格ができればラッキー」と思うようにしましょう。

出願するのは良いですが、本命の早稲田とMARCHを共通テスト利用入試だけで合格しようと思うことは危険です。

MARCHを志望している受験生は「日東駒専辺りに先に合格できればOK」というように活用すると良いでしょうしましょう。

共通テスト利用入試を実施する大学例

ここまで共通テスト利用入試の特徴や注意点を見てきました。

では、皆さんが行きたい大学は共通テスト利用入試を導入しているのでしょうか?

今から実施している大学をご紹介します。こちらは、大学入試センターが発表した2021年度に共通テスト利用入試を実施した一覧です。

共通テスト利用入試実施大学一覧

今回は、人気の難関私立大学に絞ってご紹介します。慶応義塾大学は実施していません。

早稲田大学

詳しい内容はこちらの公式HPでご覧ください。

①政治経済学部 (政治学科 15名  経済学科 25名  国際政治経済学科10名)

5教科6科目/合計800点

➁法学部 100名

5教科6科目:必須科目5教科5科目+選択1科目/合計800点

➂社会科学科 50名

5教科6科目:必須科目5教科5科目+選択1科目/合計625点

➃人間科学部(人間環境科学科 5名  健康福祉科学科 5名  人間情報科学科 5名)

5教科6科目/合計500点

➄スポーツ科学部 (スポーツ科学科 50名)

4教科4科目:必須科目3教科3科目+選択1教科1科目/合計500点

※共通テストのみ方式

3教科3科目:必須科目2教科2科目+選択1教科1科目/合計400点

※共通テスト+競技歴方式

上智大学

詳しい内容はこちらの公式HPでご覧ください。

①神学部 神学科 (2名)

 4教科4科目/合計600点

➁文学部 (哲学科(3名)、国文学科(3名)、ドイツ文学科(3名)、フランス文学科(3名)、 新聞学科(3名)、史学科(3名) )

 4教科4科目/合計600点

➂総合人間科学部 教育学科(3名)、心理学科 (3名)、社会学科(3名)、社会福祉学科(3名) 

 4教科4科目/合計600点

➃法学部 (法律学科(5名)、国際関係法学科(3名)、地球環境法学科(3名) )

 4教科4科目/合計600点

➄経済学部 経営学科(20名) 

 4教科4科目/合計600点

⑥外国語学部 (ドイツ語学科(3名)、フランス語学科(3名)、イスパニア語学科(3名)、 ロシア語学科(3名)、ポルトガル語学科(3名) )

 4教科4科目/合計600点

➆総合グローバル学部 総合グローバル学科(5名)

 4教科4科目/合計600点

⑧文学部 英文学科(3名) 外国語学部 英語学科(5名)

 4教科4科目/合計600点

➈総合人間科学部 看護学科 (3名)

 4教科5科目/合計700点

➉経済学部 経済学科(5名)

 4教科5科目/合計700点

⑪理工学部 (物質生命理工学科(5名)、機能創造理工学科(5名)、情報理工学科(5名))入試要項

 4教科5科目/合計550点

GMARCH

3・明治大学

明治大学入試要項

4・立教大学

立教大学入試要項

5・青山学院大学

青山学院大学入試要項

6・中央大学

中央大学入試要項

7・法政大学

法政大学入試要項

8・学習院大学

学習院大学入試要項

これらをチェックして、行きたい大学の配点を確認しましょう。

共通テストの出願日は早いので「出願期間過ぎちゃった…」なんてことがないようにスケジュール管理をしっかりと行ってください。

まとめ

今回の記事では、共通テスト利用入試の特徴や注意をお伝えしてきました。

共通テスト利用入試を活用することは大学受験を有利に進めることができるので、おすすめします。

しかし、注意点を把握したうえで「どこの大学のどの学部に出すのか」「何校に出願するのか」を考えていきましょう。

皆さんが納得した大学受験を迎えることができることを願っています!

毎日の勉強を「分析・改善・指導」する
学習塾STRUX

どんな勉強をすれば良いのかわからない……
志望校に合格したいけど、間に合うのか不安……
勉強してるのになかなか成績が上がらない……

そんな悩みを抱えていませんか?

学習塾STRUXは、学習トレーナーによる毎日の勉強計画作成と個別指導で、志望校合格までにやるべき勉強がわかる塾です。

詳しく見る